イメージシートで自社を宣伝しよう|作成なら業者にお任せ!

女性作業員

破片の散らばりを抑える

工事

台風や地震などで窓ガラスが割れてしまうと周辺に窓ガラスの破片が散らばってしまいます。社内に散らばってしまうと従業員が踏んで怪我をする場合がありますし、外に散らばると通行人に被害が及んでしまうでしょう。そのようなことになると自社の評判が下がってしまう場合があります。できるだけ窓ガラスが割れないようにすると良いです。しかし、全てのガラスを強化ガラスのような割れにくいガラスにすると、企業の規模にもよりますが膨大な費用が必要になります。経費を削減したいのであれば全て張り替えることは難しいです。そのようなときは飛散防止フィルムを貼り付けると良いでしょう。飛散防止フィルムは既存の窓ガラスに貼り付けるだけで効果を発揮します。強化ガラスのように割れなくなるわけではないのですが、割れたときに破片が散らばることがありません。破片が散らばらないので周辺の人が踏んで怪我をすることがないです。飛散防止フィルムは割れたときにしか効果を発揮しないと思われがちですが、紫外線や日光を少しだけ遮断する役割もあります。オフィス内に入る日光が少なくなることで室温が上がりにくくなります。エアコンを稼動するために使用する電気代を抑えることができます。飛散防止フィルムは購入して自社で貼ることもできますが、貼り方と間違えてしまうと効果が発揮されないので業者に貼ってもらったほうが良いです。業者なら飛散防止フィルムを専門の技術を使用して貼り付けてくれます。