イメージシートで自社を宣伝しよう|作成なら業者にお任せ!

女性作業員

水の侵入を防ぐもの

土のう袋

水路や河川を工事するときは水をせき止める必要があります。水を止めないで作業するとうまく作業できなかったり人が流されてしまいます。水をせき止めるときは土嚢袋を使用すると良いでしょう。土嚢袋は土や砂などを入れて使用することができ、大量に積み上げることで水の侵入を防ぐことができます。完全に水を防ぐことはできませんが作業ができるくらいにはなります。土嚢袋は水路以外にもたくさんの場面で使用できます。足場の土台として組むことができますし、粉塵などを外に漏れないようにすることもできます。しかし、土嚢袋を作るためには土や砂を準備して入れなければなりません。手間をかけたくない場合は水で膨張するタイプを使用すると良いでしょう。水で膨張するタイプなら水をかけるだけで、土や砂を入れた土嚢袋のようになります。手が汚れることはないですし、持ち運びも楽なので誰でも使用できます。工事現場以外でもゲリラ豪雨や浸水被害による床下浸水に備えることも可能です。オフィスに水が流れてしまうと大事な書類や機械が濡れて使い物にならなくなります。水で膨張する土嚢袋なら水に投げ込むことですぐに膨張します。膨らむ前は薄いので保管場所に迷うことがありません。大量に保管して備えることができるでしょう。水で膨張する土嚢袋を購入するときは業者に依頼する必要があります。まとめて購入すると安くなる場合が多いので、なるべく大量に注文したほうが良いです。